南仙台の父 人生を前向きに生きるための意識と行動

占い・鑑定師が語る人生を前向きに生きる知恵

占ってみた 陸上男子100m走で日本記録9.95秒を更新する選手は出るか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
パリ五輪まで残り日数も少なくなりましたが、各競技・選手とも五輪に向け
た調整を行っています。
そんな中で期待されるのが陸上男子の日本記録です。
日本でもトレーニング方法の見直しや高地でのトレーニング、海外での競技
エントリーを積極的に行ってきた結果として、長年に渡って立ちはだかった
10秒の壁を破る選手が出始めてきました。
今は400mリレーでは世界の強豪ともある程度戦えるだけの層の厚さになっ
てきました。
さて、五輪も開催される中で選手たちはコンディションを上げる中で日本記
録の更新はされることになるのでしょうか。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、運命の輪のカードの逆位置が出ています。
運命の輪のカードの逆位置は急激な悪化やすれ違い、危機やアクシデント、
悪循環や浪費といった意味があります。
今年に限っていえば記録更新は難しく、選手たちのコンディションも芳しい
状態ではないようです。
したがって、五輪を含めて今年行われる競技会・レースでの日本記録更新は
難しいと思います。
コンディションの良くない状況はこれから更に悪くなっていくように感じ、
五輪から今年の秋にかけて行われる競技会やレースでも思ったような力を出
すことができません。
また、メダルの期待のかかるリレーでも連携の悪さなどが生じて、思ったよ
うに結果が出せないといった形になりそうです。
日本選手たちにとっては今年はあまり相性が良くないようですが、来年以降
は状況が少し改善していきそうなので、数年先には記録更新も望めるように
なるかもしれません。
 
次に環境条件ですが、正義のカードの正位置が出ています。
正義のカードの正位置は公正や公平、均衡や善意、両立や平等、正当性や理
性といった意味があります。
かなりプレッシャーのかかる中での競技であり、他の選手たちもコンディシ
ョンを上げてくる中ではプレッシャーはより強くかかっていきます。
重要なのはそうした過度な緊張感を緩められる環境であったり、コンディシ
ョンを上げる中での不安などをどう払拭するかになります。
また、メディアによる取材や否応なしに目に入ってくるSNSのコメントなど
も選手たちにとっては残念な障害となります。
まず選手が万全の状態で競技に臨めるような環境を整えることは結果だけで
なく、選手たちの今後にとっても大きなものとなります。
一つの結果に一喜一憂することなく、一つの結果として捉えるように心がけ
ることも重要でしょう。
かなり難しい結果となりますが、一時的な結果であり選手のすべてではない
ことも事実です。
周囲もそのあたりはしっかりと認識して選手たちに過度な意識を持たせない
ことがこれからの競技でも大事になります。
試練として捉えて次に繋げられるような取り組みを行うことが大事になりま
す。

鑑定結果

占ってみた 任天堂のSwitch後継機は現行機同様にヒットするか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
今回は先頃公表されたSwitch後継機に関する発表を今期中に行うという任天
堂からの発表による後継機について取り上げました。
スマホ(又はPC)でのネット+課金というパターンでのゲームプレイが日常
的な状況となり、家庭用のTVゲーム機終焉を示す専門家の分析もありました
が、実際には新型コロナウイルスの影響もあってTVゲーム機の需要はそれほ
ど落ちることはありませんでした。
すでにSwitchも登場から長い時間が経過して、新たなハードを望む声も出て
おり、ライバルでもあるソニーが据え置き機+αの携帯機のリリースを含めた
検討をする状況もあって、Switchのような携帯機にもまだまだ市場価値があ
るという見方も出ています。
さて、今期中の発表を公表された後継機は現行機同様のヒットを記録するこ
とができるのでしょうか。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、正義のカードの逆位置が出ています。
正義のカードの逆位置は不正や不公平、偏向や不安定、一方的や不誠実とい
った意味があります。
ゲームに限らず、ネットへの接続や課金といった傾向は今後も大きくなって
いき、特に課金によるビジネスへの期待は高騰する開発費の回収では一番の
問題点です。
そうした中で任天堂も課金を前提とした方向に更に舵を切らざるを得ない実
態があります。
ただ、Switchの市場の大きな背景は子供を中心とした層であり、現実にはス
マホ課金で大きな問題が世界中で取り上げられることもあって、任天堂の考
え方よりも課金に対する視線は他のハード・ソフトよりも厳しくなります。
そうした中でどこまでを課金ビジネスで回収するかはビジネスボリュームの
大きさに直接関わるため、任天堂にとっては今後も大きな悩みとなります。
ある程度の買い替えや新規の需要は見込めるものの、特殊なハードとソフト
という組み合わせも足枷となるリスクがあります。
結果としてはそれほどは大きく伸びることも縮まることもなく、バランスや
子供を使えるという安全性を担保した世界でのビジネスに留まるというのが
正しい味方になるでしょう。
 
次に環境条件ですが、星のカードの逆位置が出ています。
星のカードの逆位置は失望や無気力、高望みや見誤り、時代遅れといった意
味があります。
やはり、価格の問題であったり、スマホや他のTVゲーム機との兼ね合いによ
る性能面の差分であったり、供給されるソフトウェアの話題性といった様々
なファクターもあって、微妙なバランスの上に乗った任天堂のビジネスベー
スをどう今後も継続させていけるかに課題があります。
間違いなく先進的なゲームファンからはあまり期待はされていないにも関わ
らず、画面などハードやCPU・GPUの性能面による陳腐さが殊更強調されや
すいメディアでの取り上げられ方など、任天堂にとってはリリース初期はか
なり逆風となることも予想されます。
投資筋などの見方もこうした点が強調されると思いますが、上述した通りに
任天堂の強みはMicrosoftソニーとは異なる市場価値にあります。
技術やゲーム嗜好のトレンドは当然外すわけにもいきませんが、任天堂が自
分たちが期待される分野領域で力を発揮することが大事になります。
彼らの強みは言うまでもなくファミリー層であり、子供たちです。
従来通りの姿勢や路線を貫いて、その上でファミリー層や子供たちに訴求で
きる新たなチャレンジを提供できるかが課題です。
おそらくは投資筋やコアゲーム層が酷評するようなものに仕上がった場合は
大きなビジネスとなる可能背もあります。
任天堂は世界の中では異端児です。
こうした異端児として求められる姿勢や覚悟を見せられるかどうかが成功の
カギを握っていると感じます。

鑑定結果

占ってみた 中国で宗教規制は更に強化されるか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
今回は中国の内政、宗教に対する規制強化を取り上げました。
習政権は宗教規制を進め、モスクの中華的改修などを進めたり、宗教全般
の規制を強化する方向に入っています。
経済に対する規制などと歩調を合わせるように共産党支配の強化の一環と
して行われているようです。
様々な憶測もある中で人々の心の拠り所となる宗教への規制は更に強化さ
れて、共産党の支配強化に向かっていくのでしょうか。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、女帝のカードの正位置が出ています。
女帝のカードの正位置は繁栄や愛情、包容力や結果といった意味がありま
す。
強権的な規制強化には至らないものの、ある一定のラインまでは規制を強
化されていくことになります。
共産党支配下での宗教の存在という形での保証の中で、それを超えて危険
と感じられるような動きは封じられていくことになります。
特に新興宗教のようなものやイスラム教への規制は強まっていきます。
民族問題や政治的に微妙な問題を抱える宗教への規制は強まります。
また、共産党や体制に反するような主張に繋がる宗教への規制は強化され
ていくことになります。
いずれにしても体制に異を唱えるものは宗教に限らず規制を強め、体制に
従う宗教への誘導や保護といった強権的な体制下で行われてきた政策は中
国で更に強化されることになります。
 
次に環境条件ですが、吊るされた男のカードの正位置が出ています。
吊るされた男のカードの正位置は忍耐や奉仕、努力や試練、妥協や抑制と
いった意味があります。
宗教そのものを否定した上で弾圧する意思は共産党にはありません。
あくまでも体制に協力する宗教は保護し、反体制的な動きを見せる宗教に
は容赦なく規制を加えることで共産党の支配体制を強化することが目的に
あります。
そのため、宗教も一定の規制はかけるものの、強く規制をかけて否定する
ことにはなりません。
ただ、中国国内の民族問題に影響を与える内容だったり、中国の経済を含
めた対外政策に反する宗教については例外なく規制をします。
最終的に弾圧に至るようなものもあるかもしれませんが、まだそこまでの
状況にはなっていない余裕もあるので、反中華思想的な宗教に対する規制
という範囲内での規制になります。
一定の規制はあるものの宗教を禁止するデメリットも共産党はわかってい
るので、むしろ体制強化に協力する宗教とそうでない宗教を区分すること
で支配強化の道を選択します。
宗教にとっては自由度が大きく落ちるため忍耐が求められることになりま
すが、大きな混乱になって反対運動が起こるまでのリスクはありません。
今のところはそれほど大きな問題とならず、静観されるのが実態となるで
しょう。

鑑定結果

占ってみた 中核病院の統廃合は進むか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
今回は少子高齢化などの問題で経営が難しくなっている医療機関について
取り上げてみました。
大都市でも一部の診療科や専門病院の経営が立ち行かなくなるケースが増
えており、地方では過疎化による経営問題だけでなく、医療スタッフ不足
による運営問題なども生じています。
特に中核病院ではスタッフ不足や高齢化による問題なども相俟って、かな
り深刻な状況となって統廃合を選択するケースが増えています。
公営だった病院も含めて例外ではなく、地域から病院そのものが消えると
いった深刻なケースも見受けられます。
今後もこうした状況が継続していくのか、今回は深刻な医療の実態を占っ
てみました。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、魔術師のカードの逆位置が出ています。
魔術師のカードの逆位置は混迷や無気力、空回りや消極的といった意味が
あります。
統廃合だけでなく、医療機関そのものが廃止されたり、経営譲渡されると
いったことは加速していきそうです。
すでにこの流れが止められないくらいの状況になっていることもあって、
人手不足や労働環境の改善といった問題も拍車をかけることになります。
特に看護師や医師の確保ができずに統合化を選択したり、地域でまとめて
医療を提供する形で週に何日かのみ開けるといったものが大きな病院でも
当たり前になります。
これは地方だけの話ではなく、大都市圏でも同様です。
一部の地域では物流・交通と同様に医療難民化する地域が都市圏でも目立
つことになります。
ただ、打つ手がない状況であり、仮に医師や看護師数を増やしたとしても
解決はできません。
特に地方では医療従事者の高齢化も深刻となります。
海外からの人材を入れることも環境や経済状況を考えると難しいこともあ
って抜本的な対応を取ることができず、大きく衰退していくことが予想さ
れます。
 
次に環境条件ですが、教皇のカードの正位置が出ています。
教皇のカードの正位置は連帯や協調、信頼や尊厳、法令や秩序、社会性や
思いやりといった意味があります。
物流・交通などと同様に賃金などを上げるなどの策では効果も上がらず、
抜本的な医療の在り方や医療提供水準の考え方などを大きく変えることが
重要となります。
おそらくは国単位での施策が求められますが、それは生活環境や経済体制
、更には国土開発(どちらかといえば維持)の様々な部分で医療も含めた
体制構築が必要になっています。
今まで何とかできていた形では維持はできず、補助金や一時的な支援策な
どでは大きく改善はできません。
また、災害やパンデミックの問題なども構造的に存在しており、ビジネス
の側面だけでなく、もっと大きな視点での考え方も変えざるを得なくなり
そうです。
全国一本化の医療費もおそらくは維持できず、地方格差なども生じたり、
設備投資が医療機関で難しくなることによる治療体制の劣化もあります。
すでに社会システムとしてどうするかを考える時期にあって、従来とは異
なる考え方も含めて議論が必要な状況です。
10年程度先にはかなり深刻な状況を迎えることになります。
今から検討すべき状況にあります。

鑑定結果

占ってみた 溶血性レンサ球菌(人食いバクテリア)は猛威をふるうか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
今回は急激な症状の進行と致死率で知られる溶血性レンサ球菌を取り上げ
てみました。
俗に人食いバクテリアと呼ばれて恐れられており、すでに日本でも罹患し
て死亡した患者も発生しており、男子サッカーワールドカップ二次予選で
北朝鮮がホームの日本との対戦を拒んだ一つの要因ともいわれています。
海外では多くの発症例が報告されており、発症からわずか数日で死に至る
ケースも多く、日本でもこのところ報告例が相次いでいます。
さて、溶血性レンサ球菌は今後猛威をふるう状態となるのでしょうか。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、隠者のカードの正位置が出ています。
隠者のカードの正位置は経験や助言、秘密や慎重、変幻自在や哲学といっ
た意味があります。
ウイルスのように一気に拡散して流行するといったことはないようですが
、じわじわと広がっていくような形になるようです。
一番の大きな問題は症状が出てから短時間に劇的に症状が悪化する点だと
感じます。
症状が悪化することで腕などを切断しなければならないといったこともあ
って、まだよくわかっていない点なども多いことも不安要素となります。
新型コロナウイルスの影響によって発生しやすくなっているという見方も
あるようで、劇的に症例が増えることはないですが、今後も一定の患者数
があって慎重に対応しなければならないことは間違いないようです。
 
次に環境条件ですが、吊るされた男のカードの逆位置が出ています。
吊るされた男のカードの逆位置は徒労や痩せ我慢、投げやりや限界といっ
た意味があります。
主には子供がかかりやすい病気のようですが、体力的に弱い状況だと大人
もかかるため、感染防止の対策を取ることが重要とされます。
また、治療については抗生物質が使用されますが、これは耐性菌を生み出
す原因ともなります。
おそらくは耐性が強化された菌の増加による問題も懸念されるので、一定
の水準で患者が発生することにはなります。
ある意味イタチごっこになるような感じかもしれません。
基本的には菌が喉の粘膜に入ることがきっかけとなるので、インフルエン
ザや新型コロナウイルス同様の感染防止が必要となります。
やっと長かった感染防止対策がなくなったことで気が緩んでも、こうした
ものが現れることで基本的な流れが再び注目されることにはなります。
この流れが人々にとっては憂鬱で気持ち的に受け入れられないこととして
意識されますが、結果的には状況によっては他の感染症の状況も踏まえて
強化されることも起きうることになります。
今後はこうした病気との闘いが何年かおきに発生することになるようです
ので、そういった意味でも基本的な感染症対策は無視できないようです。

鑑定結果

占ってみた ホンダと日産は経営統合で開発・販売力の強化を図るか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
今回はホンダと日産の関係について取り上げてみました。
EV開発戦略で共同体制を構築することになったホンダと日産ですが、まだ
具体的な形までは見えていません。
また、中国での販売でも苦戦する中で今後更に大きくなる開発・販売費の
体制にも課題が残ります。
関係性を深めて経営統合の形まで進めて、開発・販売力の強化をすべきと
の意見もあるようです。
さて、どちらかというと積極的な関係構築ともいえない両者が更に経営統
合にまで進めていくことはあるのでしょうか。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、世界のカードの逆位置が出ています。
世界のカードの逆位置は衰退や堕落、低迷や調和の崩壊、不調や不明確と
いった意味があります。
結果としては更なる統合強化という話は進むこともありません。
むしろ、中途半端な関係性によって特長が失われることになったり、戦略
の不明確さによって軸が取れなくなったり、場合によっては特に日産が危
険に感じられますが、経営的な危機的状況に陥ることで捨てざるを得ない
状況に至る可能性があります。
ホンダにとってもこの中途半端な状況はよくありません。
戦略なき連携ということだけでなく、世界観を見誤った形での衰退という
運命が両者の将来に待っています。
両者が共同で物事を進めることでうまくいくことはなく、逆の目が出てか
えって行き詰まりを早める結果になりそうです。
 
次に環境条件ですが、太陽のカードの正位置が出ています。
太陽のカードの正位置は成功や誕生、祝福や幸運、結婚や満足、達成とい
った意味があります。
両者にとっては何が目的なのかが不明確な分だけ、やりにくい相手となる
だけでなく、両者の主導権争いであったり、地域的な販売戦略であったり
、何を目指すかの世界観はまったく見えていません。
まだ両者は中国市場を念頭に置いたところもあって、すでに意味のない市
場への戦略構築が今後の邪魔をすることも考えられます。
また、日産は今後更に財務的な厳しさを抱えることになって、ホンダにと
ってはそこも頭の痛い悩みにもなります。
結果として無理やり縁談の席につけられて見合いをした形となり、結果が
得られるような状況にないことを意味します。
簡単にいえば策がなく、見通しがない連携であるといっても差し支えあり
ません。
ホンダにはまだ再生のチャンスもあるので、どこで見切りをつけて誰と組
み直すのかを考える余裕はあります。
政府もこうした長期視点をどう考えていくのか、しっかり見極めを行うこ
とも重要な政策判断になっていくでしょう。

鑑定結果

占ってみた 金融・証券取引の店舗レス化は更に進むか

こんにちは南仙台の父(hrperficio)です。
今回は金融・証券についてを取り上げてみました。
最近はネットバンキングやネット証券取引が盛んになっています。
そういう流れもあって金融機関も証券会社も窓口をなくす、店舗をなくす
といった方向に流れています。
現金至上主義や対面サービスを望む顧客も高齢化しており、そういう人た
ちはデジタル難民化していくことにもなりかねません。
さて、今後この状況は更に進んでいくのでしょうか。
 
写真は鑑定の結果となります。
左側が結果、右側が環境条件となります。
 
まず結果ですが、吊るされた男のカードの逆位置が出ています。
吊るされた男のカードの逆位置は徒労や痩せ我慢、投げやりや限界とい
った意味があります。
ネットオンリーの金融・証券会社は別として、少子高齢化による人手不
足だったり、処理の手軽さであったり、特にビジネスの面では更にネッ
ト環境下での取引きが進むこともあって、オーバーヘッドをかけてまで
高齢者などに対応するといったことは難しくなり、また人口減少地域で
はゆうちょも含めて金融機関すら存在が危うい状況になります。
あらゆる要因によって店舗レス化は金融系だけでなく、その他のビジネ
スでも更に進行していくことになります。
もちろん、より操作を簡単にするなどの方法やコンビニの端末での取引
きといったことも進むことで一定の人たちには何とか窓口に近いサービ
ス提供は保証はされます。
今話題になっているみどりの窓口と同様に窓口・対面レス化は今後も更
に進捗することになります。
 
次に環境条件ですが、節制のカードの正位置が出ています。
節制のカードの正位置は調和や自制、節度や調整、バランスや中庸とい
った意味があります。
上述の通り、インターネット環境でのユーザービリティは重視されるの
で、そうした観点は今後の進捗にも大きく影響します。
また、詐欺対策であったり、心理的負荷であったり、こうしたものをど
うやって取り除くのかも課題となります。
少なくとも金融機関や行政の都合だけで進めることは良い結果を生むこ
とはありません。
金利がなかなか上がらない中では預金も増えない状況にあります。
金融機関は決済特化、証券会社も短期投資特化といった形の流れを持つ
形態のところも今後増えていくことになります。
特に大手はこうした流れに対して対抗するのではなく、自身の強みをど
う活かして店舗レスに取り組むかがカギとなります。
単純に問合せ先を作るとか、経費削減をワンストップサービスで補うと
かの考え方もあるかもしれませんが、いずれはこうした策も頓挫してい
くことになります。
金融機関にとっても大きな試練の時代に入っており、やり方を間違えれ
ば容赦なく破綻の道が待っています。
バランスを考慮した店舗レスをどう構築するかが金融機関や証券会社の
課題となります。

鑑定結果